二世帯住宅・平屋住宅・オール電化住宅の価格・間取りならアイフルホーム マストモ建設:佐倉市・八千代市の工務店

増築現場チェック

  • 2013年4月30日

    CIMG2282.jpg

    骨組が出来上がり、屋根も葺きました。

    大工の渡辺さんが、作業をしていました。

    楽しそうにやっていました。

     

|
 

最高のいただきもの

  • 2013年4月26日

    CIMG2304.JPG

    CIMG2305.JPG

    上棟のときにお祝いの品物くださいます。

    奥様が手造りのお赤飯や鳥の唐揚、紅白の柔らかいお餅をもらいました。

    骨組が出来上がるとお米やお塩、お酒を四隅にまいて、工事の安全祈願と上棟のお祝をします。

    上棟するときにいただくものは、私達にとっては最上の贈物です。

    ありがとうございました。

     

|
 

  • 2013年4月24日

    CIMG2306.JPG

    いつもお客様を紹介してくださるH様の庭に藤が咲いていました。

    「あー昨日が一番良かったんですよ」

    でも、充分満足です。

     

|
 

建売住宅

  • 2013年4月22日

    CIMG2278.jpg

    CIMG2279.jpg

    勝田台の現場に行く途中に建っていました。

    大引は90角、屋根の垂木は45×40で、30年前と同じ仕様です。

    出来上がれば全然わからなくなります。

     

|
 

マンションの外壁クラック補修

  • 2013年4月19日

    CIMG2276.jpg

    2年前の大震災でタイルにヒビ割れがしました。

    4階建鉄骨造、ALC外壁タイル貼りです。

    通路のインターロッキングが波を打ったようにガタガタです。

    地震の強さを改めて感じました。

     

|
 

チューリップと椅子

  • 2013年4月16日

    CIMG2299.jpg

    基礎が完成し、建物の木材の構造材が搬入し、いよいよ上棟を待つばかりです。

    明るい、暖かい春の陽差しに、静かなひとときを見ました。

     

|
 

落語

  • 2013年4月12日

    rakugo.jpg

    池袋の芸術劇場へ行ってきました。

    大阪の噺家に興味がありました。

    喜多八さんは何回も聞いていましたから。

    二人ともおもしろかったです。

     

     

|
 

お囃子

  • 2013年4月 9日

    CIMG2258.jpg

    私どもで建てたS様が近所のお子様や町内会の有志の人達で、もう8年ボランティアでやっているそうです。

    明るく元気にあふれています。

    最初の頃は、レパートリーが少なく、また、子ども達がすぐ辞めてしまうなど、苦労がいろいろあったようです。

    今度は招待して、事務所の前で演奏してもらおうと期待しております。

     

|
 

現場チェック 10年点検

  • 2013年4月 4日

    CIMG2261.jpg

    赤羽で、10年前に3階建ての家を作りました。

    広い道路に隣のマンションに負けず、堂々と建っています。

    大震災の時には、虎ノ門から自宅まで歩いて5時間かかったそうです。

    帰るまで家の中がどうなっているか心配でしたが、何もなかったので安心したそうです。

    屋根、外壁、両方とも何もありませんでした。

     

|
 

10年点検

  • 2013年4月 1日

    CIMG2267.jpg

    品川区戸越のお客様の10年点検です。

    右側奥の建物です。

    花に隠れて見えずらいですが。

    道路の幅が1.2mです。

    工事期間中は、機械やトラックが入れず苦慮しました。

    屋根や外壁、室内共、不具合なしです。

    お礼の感謝を述べて、これからもずっとお付き合いです。

     

|
 
 
2017年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

資料請求はこちらへ

バックナンバー

最近の記事

自己紹介 私の得意とするところ

まず間取を考えるときに、ご夫婦に要望を述べてもらいます。そのうち、ご主人が話していることが、奥様は何を言っているのかわからない。「えっ?あなたそれどういう意味?」と奥様はご主人に尋ねる。すかさず、ご主人は「俺の言っているのがわからないの?」さあ、その間に入って私が、「ご主人はこういう意味でお話ししてるんですよ。」そこから、また会話が弾みます。いつもその繰返し。そして、夫婦仲がもっと良くなります。二人はルンルン気分で帰っていきます。なにかのご縁でお会いになったお二人。「愛のコンシェルジュ」です。