二世帯住宅・平屋住宅・オール電化住宅の価格・間取りならアイフルホーム マストモ建設:佐倉市・八千代市の工務店

海賊

  • 2007年5月25日

    バレエ 新聞で、熊川哲也の経歴を読みました。

     小さい頃、普通の子供のように、野球やサッカーをして遊んだが、バレエだけは、異常に興味を持ち、15才で海外留学。

     どんどん活躍し、出世していきました。数々の賞を取り、帰国しました。

     私は、バレエは全然知らないが、バレエの企画力や本人のバレエのうまさが世界的ということで、東京文化会館へ見に行きました。家内の母は椅子から身を乗り出して必死に見ていた。

     5月のステージで2月の発売開始2日目で、残席わずか。取れた席は、やっと4階の場所。

     東京文化会館は、前川国男氏が設計。ディテールにこだわり続けた。私の学生時代には、大変有名な建築家だった。

     これもゆっくり見たかったが、会場の人並みに揉まれて、そのまま外へ。

     人を満足させる、感動する。それは、並大抵のことでは、できないと思った。

    プチッ」と押してね。(←人気ブログランキングに参加しています。)

    マストモ建設株式会社

|
 
 
2017年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

資料請求はこちらへ

バックナンバー

最近の記事

自己紹介 私の得意とするところ

まず間取を考えるときに、ご夫婦に要望を述べてもらいます。そのうち、ご主人が話していることが、奥様は何を言っているのかわからない。「えっ?あなたそれどういう意味?」と奥様はご主人に尋ねる。すかさず、ご主人は「俺の言っているのがわからないの?」さあ、その間に入って私が、「ご主人はこういう意味でお話ししてるんですよ。」そこから、また会話が弾みます。いつもその繰返し。そして、夫婦仲がもっと良くなります。二人はルンルン気分で帰っていきます。なにかのご縁でお会いになったお二人。「愛のコンシェルジュ」です。